大阪出張マッサージ、タイ古式マッサージとは | 大阪の出張マッサージ|夢ごこち| 60分3,980円から

大阪の出張・訪問マッサージなら夢ごこち

新着情報

    大阪出張マッサージ、タイ古式マッサージとは

    タイ古式マッサージの起源と創始者シバゴ

    タイは地理的にインドと中国の間に位置することから歴史的にも両国から様々な影響を受けてきました。

     

    タイ古式マッサージの起源を遡ると2500年前のインドに行き着きます。北インドのビンビサーラ王に仕えていたシバカ・クマールバッカ(通称シバゴ)というインド人医師がタイ式マッサージの創始者と言われています。

     

    この人物はブッダと親密な交流があった人物で、ブッダが中心となって形成されていた仏教僧集団、サンガの筆頭医師でした。

     

    彼はマッサージによる手法だけではなく、ミネラルやハーブなどの薬草を使用した癒しの力も後世に伝えています。2500年の月日が流れた今日でもタイではシバゴを『医学の父』と呼び畏敬の念をいだいています。

    仏教僧集団の治療とタイ古式マッサージの始まり

    シバコの時代の仏教僧集団は多種多様な手法で様々な治療を施していました。治療に使用していものはバター、油、蜂蜜などですが、後期になってくると魚、ワニ、豚、ロバの脂肪、果実、塩、樹脂なども使われていたようです。

     

    治療する症状は主に熱病、眼病、腫れ物、腹痛、関節痛、足のひび割れ、消化不良、皮膚病、痔などでした。
    これらの症状を治癒する中で『関節の痛みや足のひび割れに対してはオイルを使用してマッサージを施す。』とある書物に記載されています。

     

    これがタイ古式マッサージの始まりといわれています。

     

    出張で大阪にお越しの際は当店のリラクゼーションマッサージで疲れをとってください。