鍋料理は健康によい一品料理 | 大阪の出張マッサージ|夢ごこち| 60分3,980円から

大阪の出張・訪問マッサージなら夢ごこち

新着情報

    鍋料理は健康によい一品料理

    料理研究家の渡辺あきこさんのお薦めこの季節の料理

    料理研究家の渡辺あきこさん、土井料理学校で学び、1985年より、フリーの料理研究家として活躍。和風を基本とした、家庭料理の奥義を追求している。「きょうの料理」、「オレンジページ」などテレビ、雑誌で活躍中。
    著書に「ヘルシースープが飲みたい」(パルコ出版)など多数。最新刊は「あ、おいしい」「わ、かんたん」(オレンジページ)など。

     

    紀文のサイトより抜粋:http://www.kibun.co.jp/enter/nabe/n-kenkou_ippin.html

    健康は毎日の食事の積み重ね、栄養をどうバランスよくとるかというところがポイント。もちろん、おいしく、簡単にが前提です。その点、鍋料理は栄養バランスがよく、下準備や調理に時間がかからず、なにより一品ですみますから、主婦としてはとても便利な料理です。

    出張とマッサージ、大阪。手五里の刺激

    東洋では、「体を温めるもの」「体を冷やすもの」というように食べものを陰と陽(寒と温)にわけていく考え方があります。体を温めたい時はしょうがやねぎ、唐辛子を食べたり、逆に夏場などはきゅうりやすいか、うり等をたべると体の熱を放散させることができるそうです。食べもののどのような効果が体にどのようにはたらくか、ということを知っていると安心ですし、自分や家族の健康状態を、食べもので調整できます。

     

    たとえば、夏に冷房で体が冷えきってしまった時や風邪気味のときには「体を温めるもの」を食べるというようなことです。わが家では、風邪のひきはじめには、にんにくをたっぷりと使った鍋にします。風邪には水分をたっぷりとることが大切なので、栄養素がたくさん溶け出した鍋のスープをいただくことが、すごく良いのです。
    風邪のときは、この鍋を食べてたっぷり寝るのがよいでしょう。

     

    風邪だけでなく、少し体が弱っている時や食欲がない時も、鍋。それは、おいしく簡単で、栄養がたくさんとれるからです。

     

    出張で大阪にお越しの際は当店のリラクゼーションマッサージで疲れをとってください。
    yumegokochi.info